おうちホームステイを解約してみたからまとめておく

英語を学ぶ

おうちホームステイの漫画を読む

おうちホームステイの解約方法は?

「おうちホームステイ」は無料でメルマガ登録ができると話題になっていますが、解約方法を知りたいという声もチラホラあります。念には念を入れて知っておくことは大事なことかもしれません。無料登録のあと、どうしても自分には合わないと感じたときは解約を済ませておきましょう。

おうちホームステイの無料メルマガってなに?

「おうちホームステイ」の特徴のひとつに、無料でメルマガを受け取れるサービスがあります。メールアドレスを登録すると無料でメルマガが届きます。そこには動画のURLアドレスが貼ってあります。「おうちホームステイ」は動画を見ながら英語を学ぶので、その流れを無料で体験できるというものです。この無料のメルマガはとても好評で、無料といっても非常に内容が充実しているため、無料の段階である程度英語が身につくと答える人もいるぐらいです。無料なので解約するのはもったいないと感じるかもしれません。

カリキュラムに沿って動画を見ながら英語を学ぶ

「おうちホームステイ」の無料メルマガには動画の案内だけでなく、どうすれば短期間で英語が身につくようになるのかサポートする内容になっているので、英語に対する苦手意識が徐々に薄れていくことでしょう。何もわからない状態でいきなりスタートしても、何をどう理解して覚えていけばいいのか分かりません。しかし、「おうちホームステイ」では無料のメルマガで有料コースではどのように英語を学習していくのか丁寧に説明されていますし、英会話に関係するコラムも紹介されるので、苦手意識がなくなるどころか英語を身に着けたいという意欲が引き出されるかもしれません。

そのほか、「おうちホームステイ」の生みの親である山内勇樹さんのセミナーの案内もあります。山内さん本人によるセミナーは全国で開催されていて人気が高く、どうすれば英語が身につくか分かりやすく解説しています。このセミナーの特徴は、「おうちホームステイ」で身に着いた英語を英会話として試すことができるコーナーが用意されているところです。生きた英語を実際に活かす場所が設けられているのも「おうちホームステイ」のメリットかもしれません。

おうちホームステイの漫画を読む

おうちホームステイはいつでも解約可能

「おうちホームステイ」のメルマガはいつでも簡単に解約できます。「おうちホームステイ」の有料コースを体験しているので無料のメルマガは必要ない方もいるでしょうし、実際に「おうちホームステイ」で英語を学ぶかどうか決断できないので無料メルマガを解約したいという方もいるでしょう。

解約の仕方はとても簡単です。届いたメルマガの一番下に「解約の方はこちら・配信停止の方はこちら」という項目があるので、そのリンクをクリックして手続きを進めてください。このとき、無料のメルマガ配信停止と、「おうちホームステイ」の登録解除を間違えないように注意しましょう。メルマガ解約のあとは、これで解約手続きが終わりましたという内容のメールが届きますが、それ以降メールが届くことはありません。

しばらく経って、やっぱりもう一度無料メルマガを読みたいという場合、解約した時と同じメールアドレスで登録することは不可能となっています。再度登録したい場合は別のメールアドレスで登録しなければなりません。無料で作れるフリーアドレスが色々ありますから、別のメールアドレスを作って再度申し込みをしましょう。

無料のメルマガはずっと無料なので、特に解約する必要はないと考える方もたくさんいます。英語に関するお役立ち情報が毎回届くわけですから、有料コースを申し込むかどうか迷っている方も、今まさに有料コースで勉強中の方も、すでに有料コースを終えた方も、そのまま引き続き無料メルマガを受信しても問題ないですし、そのうちメルマガが有料になるということもないのでご安心ください。

有料の教材を申し込むとき、気になるのは途中で退会や解除ができるのかということです。満足度が9割を超える「おうちホームステイ」なので途中解除する方はほとんどいないと言われていますが、どうしても自分に合わないときは解約したいのでそのやり方を知っておきたいという方もいることでしょう。万が一に備えることは大事なことです。

もしも「おうちホームステイ」の有料コースを解約したい場合、その方法も先ほどのメルマガと同じように「解約の方はこちら・配信停止の方はこちら」と書いてあるリンクをクリックして手続きを進めます。「おうちホームステイ」は1日30分の学習を8週続けることで英語を身に着けることができるので、短期間、短時間で学習できるというメリットがあります。ただし、学習途中で1日30分の時間も作れなくなってしまったという状況になれば、やはり続けるのは精神的に負担もかかるかもしれません。「おうちホームステイ」はそういった方たちのために強引に契約を引き留めようとすることはありませんので、どうしても継続が難しいと思ったときは解約手続きを進めましょう。

おうちホームステイの漫画を読む

コメント