おうちホームステイってどうなの?って聞かなくてもいいようにここにまとめておきました。

おうちホームステイがおすすめ君という当サイトを開設して以来、「おうちホームステイは良い教材なのか?」という質問を多く頂きます。運営責任者である私は過去にワーキングホリデーで語学留学の経験があり、英語はそれなりに話すことが出来ます。

 

そのため、英語をしゃべれるようになりたい友人、知人から英語に関して相談を受けることが多く、これまで色々なアドバイスをしてきました。

 

一番多い質問は、「どうやって英語の勉強したらいいの?」という質問ですが、これはもうやるしか無いので、とりあえず単語を1,000個覚えてみたら?とアドバイスするのですが、本当に1,000個英単語を覚えた人は一人もいません。

 

次に多い質問が、「英語を勉強するには、どの教材が一番いいの?」という質問です。

少し前まではスピードラーニングについて聞かれることが多かったのですが、最近は「おうちホームステイってどうなの?」と聞かれることが多いです。まずは、おうちホームステイの無料動画を見ることをおすすめしますが、さらに詳しく、少しネタバレしながらお話ししていこうと思います。

 

おうちホームステイの無料動画を見る

 

結論を言えば、おうちホームステイは良い教材

結論を先に言ってしまうと、おうちホームステイは良い教材と言えます。

おうちホームステイに限らず、教材で迷っている時間があるならいますぐ始めるほうが良いです。

始めるのが早ければ早いほど成果も早く出ます。
特に、おうちホームステイという教材であれば、無料動画もあるのでそれを見てから判断すれば良いと思います。

質問してくる人に対しては、そんなに気になってるならやってみたら?といつもアドバイスしますが、「本当に効果があるならやってみたい」というだけで、こういう人っていつまでたってもやらないんですよね。

それなのに、なぜか海外に行けばすぐ覚えられるから楽だよね、とか勘違いしたことを言います。

私が海外に行って英語が話せるようになった、と言ってしまっているからだと思いますが、海外にいくくらいなら、日本で教材使ったほうが英語の勉強ははるかに効率的です。

海外に行く、という決意ができるくらいなら、おうちホームステイ始めるほうが数百倍ハードルが低いと思うのですが、なぜやらないのか理解できません。

例えば、こんな感じのことをすぐ話せるようになります。

Did you watch the movie on TV yesterday? It was really funny. I love that actor, it is really cool, is not it?

訳:昨日テレビでやってた映画みた?めちゃくちゃおもしろかったよね。あの俳優めっちゃかっこよくない?

 

おうちホームステイの無料動画を見る

海外でのホームステイは英語学習には向かない

海外に行けば、すぐに英語話せるようになるし。

それ、勘違いしてるからね。下にまとめてあるから読んで。

英語を学びたい、英語を話せるようになりたいと考えている人に割と多いのが、「海外に行けばどうにかなる」と思っている人。

はっきり言って、海外に行っても英語は覚えられません。それどころか、海外に行くための予算を日本での英語学習費用にしたほうがよっぽど効率よく覚えることが出来ます。

 

実をいえば私も「海外に行けば英語ができるようになる」と考えて、思い切って海外に行った人間です。

しかし、声を大にしていいますと、留学するための費用を日本で英語学習に使えば良かったー!と本気で思っています。

海外の文化を体験したいとか、海外にとにかく行ってみたい、というように、英語学習以外に目的があるなら留学するのも良いと思いますが、ただ単に英語を学びたい、英語を話せるようになりたい、という目的だけで海外に行くのは本当に間違っているのです。

本当に同じような悩みを色々な人から相談されるので、英語学習のために海外に行くのが、いかにもったいないことか、ここにまとめておきました。

英語アレルギーをなくすことが第一歩

私は実際に海外留学の経験があり、英語もそこそこ喋れるようになりました。

しかし、英語は使ってないとどんどん忘れてしまいます。

 

日本にいながらにして、英語のレベルを維持することは結構難しいことで、普通に生活しているだけでは、レベルが落ちていってしまいます。

そのため、私は様々な英語教材を英語レベルの維持、向上のために使っています。

日常生活でも、英語のニュースや映画をみることで多少は維持出来るのですが、やはり教材のほうが、体系的に無駄なくレベルを維持できるのです。

英語学習にとって最も重要なことは「英語が苦手じゃない」と思い込むことです

多くの日本人には「英語アレルギー」とも言える苦手意識があります。この英語アレルギーをなくすためには、よりお多くの英語に触れることです。

教材であれば、より多くの英語に段階的に触れることが出来るので、いきなり難しい英語に触れて挫折する、ということもなくなります。

この英語アレルギーをなくす、ということが英語をマスターする第一歩であると言っても過言ではありません。

 

日本では英語の発音が悪ければ叩かれ、英語を話す、ということがなんとなく「お高く止まってる」という雰囲気があると思います。

もしも、「そんなことはない」と言えるのであれば、あなたは非常に恵まれています。早いところ、おうちホームステイで英語をマスターしてください。

 

英語教材を色々試したからこそわかる良さ

私は英語を維持するために、さまざまな教材を使っていると言いました。

実は、海外に行く前にも色々と教材を試していました。

本を購入してCDを繰り返し聞いたり、ディズニー映画を何度も繰り返し見たり、ちまたにあふれる英語教材をかたっぱしから試してみたり。

 

しかし、どれも苦痛でした。唯一楽しめたのは、英語の歌を何度も聞く、ということくらいです。しかし、このくらいで喋れるようにはなりません。

本当に話せるようになるためには、英語を楽しむくらいの気持ちがないとダメだからです。

 

海外から戻ってきて、私はあらためて色々な教材を試しました。

スピードラーニング、NHK語学講座、映画を見る、CDを聞きながらシャドーイングをする、改めて色々とやってみたのです。

そこで気づいたことが「教材を使って日本でやっておけばよかった」ということなのです。

 

さまざまな教材を試した上でアドバイスをします。「おうちホームステイは良い」

どんなふうに良いか、これから伝えますから、何度も「おうちホームステイ」ってどうなの?と聞いてくる前に、一度無料の動画でも良いので見てみましょう。

 

 

 

おうちホームステイの無料動画を見る

 

海外に行くだけで30万以上かかる

 

海外に行くより日本で教材にお金使ったほうがいいよ。

なぜ、日本でやったほうが良い、とここまで言うのか。

英語が話せるようになりたいから、海外に行きたい!と考えてるあなた。

そこのあなたです。海外に行くためにどのくらいの費用が必要か、計算したことがありますか?

ちなみに私はニュージーランドに行きました。往復のチケット代だけで約40万です。

40万あれば、日本にある教材はどれでも試せるじゃないですか。おうちホームステイなら何回ホームステイできるかわかりません。

 

知り合いもいない、言葉も通じないところで生活出来ますか?

海外で暮らす、と考えた時に意外と多くの人が考えていないのがこれ。海外で生活基盤を構築する、ということがどういうことがお教えしましょう。

 

  • 誰も知り合いがいない
  • 現地の人と会話もままならない
  • 無職の状態
  • 生活のベースとなる定住住所も無い

よろしいでしょうか?海外で生活する、というのは「旅行する」のとはワケが違います。

 

例えばいま、あなたが日本で行ったことがないところに行って、1年生活してください。と言われたらどうでしょうか?

まず生活の為に収入がなければいけません。となると、仕事を探しましょう。

仕事をするためには、住所が無いといけません。住むところを探しましょう。

ただ、、仕事も無いのに住むところを見つけられるでしょうか?

 

海外に行くことに比べれば、日本語が通じるし、文化的なこともわかっているので、交渉すればなんとかなるかも知れません。おそらくインターネットも使えますね。スマホで調べればなんとかなるかも知れません。

 

さて、では海外で同じことが出来るでしょうか?

誰に何を聞きますか?事前に調べて行ったとして、本当にその通りに物事が進むでしょうか?

海外でインターネットにどうやって繋ぎますか?

 

 

英語のシャワーなんてものは浴びれない

海外に行って英語のシャワーを浴びて英語を覚えたい。

 

よく、海外に行けば英語のシャワーを浴びるから、すぐに覚えられるようになる、と思っている人がいます。

 

結論からいえば、そんなものはありません。そもそも、英語のシャワーを浴びたいなら、家で毎日英語のニュースを聞き続ければ良いだけです。

英語を覚えるなら、英語を聞いて、それを使ってみなければ覚えることは出来ません。

 

どういうことかというと、例えばこの単語。

 

manzana

 

はい。読めますか?仮に読めたとしましょう。

これ、何のことかわかりますか?

 

仮に、読めたとして、それを発音できたとして、これが何を指し示すか、どのように学びますか?

まさか英語で説明を受ける、なんて言わないですよね?英語でこの単語がなにか、説明を受けて理解できるレベルなら、わざわざ海外に行って英語を学ぼうとしなくても大丈夫です。

 

実は言葉というのは、状況と一緒に言葉を聞いて、初めてその言葉が何を意味するかがわかります。

 

だから、いくら英語のシャワーを浴びたからと、知らない単語や会話をずっと聞き続けても、それが何を意味するのか、はわからないままです。

 

ちなみに、manzana は りんごです。英語ではありません、スペイン語です。

ずるい、と思いましたか?いえいえ、スペイン語であることすらわからないってことなのです。

 

要するに、英語を学ぶためには、ただ聞くだけではダメなんです。そういう意味でスピードラーニングは、惜しい教材なんです。

もう一度言いますが、英語はインプットして、アウトプットしないとダメなのです。

 

おうちホームステイは声に出して話すことが出来る

では、おうちホームステイはどうか?おうちホームステイの学習の流れは、こんな感じになっています。

 

  • レッスンの解説動画をみる
  • 流れてくる音声に合わせて「英語を声に出す」
  • AIスピーカーに英語で話しかける

 

ここで、大事なことが「英語を声に出す」ということ。

私が海外に行く前に色々と教材を試してダメだったのは、この「声に出す」というところがすっぽり抜け落ちていたからだと考えています。

 

なら、なおさら海外に行けばいい、と思ったあなた。意外とここもわかって無い人がいるのですが、誰も知り合いのいない海外に行って、「どこの誰と話す」のでしょうか?

海外に行って話しまくるぞ!

知り合いもいないのに誰と話すの?

そのへんにいる人に話しかけるんですか?コンビニやスーパーに行ってレジ係の店員さんと話しますか?

 

 

もし、そんなコミュニケーション能力をお持ちならば、いますぐ外国人があつまるシェアハウスに入居するほうが、海外に行くよりもよっぽどお手軽でコストパフォーマンスが良いです。いますぐやりましょう。

 

ちなみに私は海外に行って、2週間誰とも話すことが出来ませんでした。

当たり前です。知り合いがいない上に、言葉がわからないのですから。

英会話学校はコスパが悪い

そうなると、英会話学校が良いのではないか?と思うかも知れません。

そのとおりです。英会話学校では「話す」「判定する」ということが同時に出来ます。

ただし、英会話学校で成果が出るのは、マンツーマンだけです。

 

グループ学習の場合、実際に本物の英語を聞いている時間は全体の20%くらいです。それ以外の時間は、他の生徒の素人英語を聞いているだけになります。

 

私も海外に行く前に、グループ学習型の英会話スクールに通ったことがありますが、全く英語が伸びませんでした。帰国後にマンツーマン方式の英会話スクールに通い、英語レベルが向上したと思います。

 

いまは通っていません。まず費用が高いです。英語のレベルを維持するためだけに、マンツーマンの英会話スクールはあまりにも高い。そして、なかなか通えません。

 

そうすると、講師の方にもなんとなく悪い気がしてきてしまい、さらに予約をとったのに通えなかったというのが、ダメな自分、のような感じになってきて、足が遠のいてしまいました。

定期的に講師に会う、というのも結構気合が必要でした。

 

その点で、おうちホームステイなどの自己学習型は気楽です。時間を合わせる必要もなければ、人に会うために気合を入れる必要もありません。お風呂上がりにリラックスした状態でも、全く問題ありません。

 

 

 

おうちホームステイの無料動画を見る

 

英語を話す外国人にその勉強法おすすめ出来ますか?

日本語覚えたいなら、いますぐ日本においでよ!

いやいや、来る前に挨拶とか日常会話出来ないときびしいでしょ。

 

 

そもそも、海外に行くことが最も効率の良い英語学習法だと思っていませんか?

逆に考えてみてほしいのですが、全く日本語を話すことが出来ない、あるいは、挨拶だけなとか出来る、という外国人に「日本にくればすぐ話せるようになるよ。すぐに日本で住みなよ」とおすすめできますか?

 

私ならおすすめしません。なぜなら、本当に高度な日本語を学びたいとか、日本で研究をしたいとか、そういう理由でなければ、いまやどうにでも勉強する方法があるからです。Amazonで日本語の本を買うとか、日本語の映画をどこかで購入すれば、多くの日本語に触れることが出来ます。

 

まずはそれらを使って、日常会話が出来るようになってから、日本に来ることをおすすめします。

 

こういうことを言うと、英語は日本語より簡単だから、行けば話せるようになるでしょ、とか、日本語は難しいからねぇ、という人がいます。

そんな簡単な言語なら、すぐに話せるようになるはずなのですが、そういうわけではないですね。

 

要するに、海外に行けば英語が話せる、というのは幻想に過ぎません

 

海外に1年住んでても話せるようにならない

私が衝撃を受けたのは、海外に居ても英語が話せるようにならない、と思い知った時でした。

海外の語学学校に通い始めて3週間経ったある日のことです。

私の通っている学校のクラスに、日本人が新たに入学してきました。

 

ちなみに、よく海外へ語学留学、みたいなことをみんな言いますが、海外の語学学校って要するに、日本のNOVAとかAEONと同じなので、誰でも入れます。

 

本当の留学は、海外の大学とかにいくことだと思いますが、その場合は当然ながら英語で試験を受けて合格しなくてはなりません。

 

つまり、語学留学というのは、日本の英会話スクールに通うのと同じことです。

しかも、大体の語学学校が「同じレベルの生徒別のクラス」構成になってます。

 

そのため、授業の半分以上は素人英語を聞いている時間、ということになります。

ちなみに私のいたクラスは、初心者クラスです。このクラスは、日本人、韓国人、ロシア人がほとんどです。

 

クラスの人数は10人程度ですが、ほとんど英語がしゃべれない上に、最悪なのが同じ国の人間が集まってしまうこと。こうなると、休憩時間に英語で話すようなことはしません。

つまり、英語が話せるような友達が出来ようもない、ということです。

 

そんな初心者クラスにある日、新入生が入ってきました。その時の衝撃はいまも忘れません。なぜなら彼は、1年間ニュージーランドに行って、ニュージーランド中を旅行して最後にこの学校に通って、日本に帰る、というのです。

 

もう一度いいますよ。

私が通っていたのは、語学学校の初心者クラス。つまり英語がほとんどしゃべれない人が入るクラスなのです。

この語学学校では、クラス分けを面談で行います。外国人講師と英語で数分話して、講師にクラス分けをされるのです。

 

つまり、英語をちゃんとしゃべることが出来れば、上級クラスに行くはずです。

事実、私と同じ家にホームステイしていたスイス人は、最上級クラスで、英語で英語の文法を学ぶ、というクラスに通っていました。

 

それなのに彼は、初心者クラスに入ってきたのです。

しかも一年間もニュージーランドに居たというのです。

 

これは本当に驚きました。同時に、「やっぱり海外にいるだけでは話せないんだ」と思い、ここから猛勉強をしたのを覚えています。

 

一年もいて話せないのはなぜ?

では、一年間もニュージーランドに居て、彼は何をしていたのでしょうか?というよりも、良くその程度の英語レベルで一年間過ごせたな、と逆に驚いたことを覚えています。

彼の名前はコウスケと言って、年齢は26歳です。25の時にニュージーランドに来て、最初の一ヶ月だけ語学学校に通い、そこから10ヶ月間はニュージーランドを旅行していたというのです。

 

コウスケの英語レベルは、私よりもひどかったので一年間どうやってニュージーランド中を旅していたのか気になって、話を聞きました。

 

そうしたら、一緒にずっと旅行をしていた友人が英語がペラペラだったそうで、彼は英語をほとんど使うことなく、日本語で友人と話し、外国人との交渉や会話は全てその友人がやってくれていたそうです。

 

つまり、一年間海外にいようがなんだろうが、英語を話したり、自分から使うことがなければ、どれだけ英語を聞きまくったとしても全く上達しない、ということなのです。

 

コウスケは別に英語の上達を目的としてニュージーランドに来たわけではなく、ワーキングホリデーを使いたいから、という理由でニュージーランドに来ただけ、とのことだったので別に本人も気にしていない様子でした。

 

それにしてもこの出来事は私の「海外にいれば英語を話せるようになる」という希望をコナゴナにしてくれました。おそらくこれを読んでいるあなたも、多少の衝撃は受けたのでは無いでしょうか?

海外にいて、英語に触れる機会は日本の数倍~数十倍の環境に身を置いたとしても、勝手に喋れるようにはならない、ということです。

事実、私が働いていた日本食レストラン(外国人向け)のシェフも、二年間ニュージーランドにいる、という人でしたがあまり英語は話せない、ということでした。

特に英語がなくても不便は無いのだとか。

 

シェフなのでお客さんとやり取りするわけでもないですから、それほど英語を必要としてないのかも知れませんね。

 

 

英語で幼稚園児と話すことが出来ない

私もコウスケと会うまでは、なんとなくこのままここ(ニュージーランド)にいれば話せるようになるんだろうなーと思っていました。その頃はまだ留学3週間目でした。

最初の一ヶ月だけはホームステイをしていましたので、ホストマザーと、同じ家にホームステイをしているスイス人と一緒に暮らしていました。

 

同居しているスイス人は語学の達人で、ドイツ語、スイス語、フランス語を話すことが出来、かつ、英語もペラペラだったのですが英語をさらに上達させるために、ワーキングホリデーでニュージランドに来たと言っていました。

 

どのくらい英語を勉強したのか?と聞くと、8年間は勉強していると言ってました。

日本でも英語の勉強をするんだろ?なのになぜ話せないんだ?と聞かれたときは、本当になんでだろう?と思ったのを覚えています。

 

海外で言葉が通じない、というのはコミュニケーションの大部分を奪われている状態で、かなり惨めな思いをします。歯がゆさもあります。自分が幼稚園児にでもなった気分です。

 

いや、幼稚園児のほうが言葉は達者なので、3才児レベルの言語スキルしかないと思ったほうが良いです。

 

現実問題、いまあなたは英語で英語圏の幼稚園児と話すことが出来るでしょうか?

おそらく、ほとんど出来ないと思います。本当ですよ。

 

だって、幼稚園児はディズニー映画を英語でほとんど全部理解出来るのですよ。

字幕無しで、ディズニー映画全部理解できますか?

自分の食べたいもの、嫌いなものを英語でいえますか?言えないですよね?そんなレベルなんです本当に。

例えば、この英語。どのセリフかわかりますか?

 

I was wrong about him.It wasn’t true love.I don’t even know what love is.

私間違ってたの。運命の人じゃなかった。愛が何かも分からない。

 

読んでやっと理解できるレベルでは、映画を楽しむことなんて出来ないでしょう。

私もそんな英語レベルでしたから、本当に辛かったです。

良く、中学レベルの英語で十分という人が居ますが、中学生の英語ってめちゃくちゃハイレベルですからね。

それでも、私も多くの人と同じように「海外に行けば話せるようになる」「海外に一年も入ればペラペラになれる」と思っていました。

 

しかし現実は全くそうではなかったのです。だから、私は勉強方法を考える必要がありました。

 

 

 

英語が1週間で話せるようになる

 

 

英語を話すことが一番の近道?違います!

英語をしゃべりまくれば話せるようになるはずだ!

英単語も知らないのに、何を話すの?つぶやけるの?

私がまずやったことといえば、単語を覚えまくるということ。

海外経験のある人や、体系的に英語を学んでない人は良く「話すことが一番の近道」と言いますが、これはまったくもって間違ってます。

 

だって、話すにしたって、話せる単語が無いのです。話せるフレーズが無いのです。

ところが小さい頃に英語を覚えた人や、なんとなく小さい頃から英語に触れ、友人と話す中で覚えていった人は「話すことが上達すること」と考えていることがあります。

 

これは、「英語で間違ったことを言っても、フィードバックしてくれる人がいる」からで、例えば日本にいる外国人に日本語で話しかけられたとして、微妙に何かが間違っている時、いちいちあなたは訂正してあげるでしょうか?訂正しませんよね?

 

そりゃそうです。一生懸命話してくれてるのに、「それ間違った日本語だよ」などという指摘はほとんどの方がしないでしょう。失礼にあたるかも、と遠慮してしまうはずです。

 

これをお金をもらってやっているのが学校なのです。

要するに学校は、お金を払って直してもらう場所なのです。直す側もエネルギーを使いますから当然といえば当然です。

 

小さい頃からそういう環境にいる場合は、周りの大人は訂正してくれます。子供が間違った言葉遣いをしていれば、大人が直しますよね。これは、「子供だから経験が浅く、間違った言葉遣いをしている」という前提があるから成り立つことなのです。

 

つまり、大人になった私達が、英語で間違った言葉遣いをしていたとしても、周りの外国人はそう滅多なことでは訂正はしてくれません。むしろ、「一生懸命話してるからきいてあげなきゃ」と思うだけで、わざわざフィードバックは返してくれないのです。

 

間違いに気づかないまま間違った英語を覚えてしまう

そうなると、どういうことが起こるか?

多少間違った英語であっても、それなりに会話が成立するため、その人は間違ったことに気づかず、英語を話し続けるということになります。

 

個人的にはそれでも問題ないと思います。なぜなら通じているからです。日本人同士で日本語で会話していても、多少間違っていることくらいは気にしません。

ましてや、外国人は日本人が話す英語にそこまでのレベルを求めていない、というのも事実です。

 

しかしそのレベルになるにしても、単語やフレーズのインプットは必要です。

インプットして、それをアウトプットすることで、初めてそれが正しいかがわかるのです。

 

私が留学して最初の2週間は誰とも話すことがありませんでした。かろうじて、通っていた語学学校の先生とほんの少しだけ挨拶を交わす程度です。

 

話そうにも話せません。単語もフレーズも知らないのですから。

 

例えば「今日はいい天気ですね。今日の授業の内容はどんな内容ですか?」

 

これを英語でいえますか?言えないですよね。でも幼稚園児は多分言えます。

「今日はいい天気だね、今日の授業なにやるの?」と。

 

だから、まずインプットしなくてはなりませんでした。そのために、本屋に行って英英辞典を購入しました。

 

英語を目で見ることがまずは大事

では、どうやって覚えたか。とにかく辞書を引きまくる、ということで覚えるしかありませんでした。この時に注意したのは、覚えようとしないこと。ただひたすら調べることに集中するだけ、です。

 

英英辞典ですから、全部英語で書いてあります。

単語の説明を英語で書いてあるのです。最初はものすごくつらいです。さっぱりわからないからです。

 

それでも、なんとなく見たことのある単語が出てきます。それを手がかりに調べていくのです。

 

例えば、「りんご」を調べると、木になっている赤い果実、というような説明があります。

この説明文の中に、またわからない単語が出てきます。これをまた調べる、というような感じです。最初は全く終わることがありません。なぜならわからない単語が次から次に出てくるからです。

 

だから覚えようとしてはいけないのです。そんなことをしていたら苦痛で仕方なくなります。その調べた単語はひたすらノートに書き写していました。

 

ノートに書き写した単語を、次の日かたっぱしから読み上げます。一人でひたすら読み上げるだけなので、これもすごく辛かったです。こういうことをやっていると、読み方すらわからない、という単語が出てきます。

 

その時にホストマザーや講師に、この単語の読み方はなにか?ということを聞いてました。

 

大体こんなことを一ヶ月繰り返していると、ある変化が起きます。

それは、発音がよくなること、単語が勝手に出てくるようになること、です。

 

英語は勉強が必要。勉強してから海外にいくべき

 

この、辞書で調べまくる、ということを滞在中の最初の半年間ずーっとやってました。

この方法は、ある程度馴染みのある英語だから出来たことで、フランス語やドイツ語では難しいと思います。

 

半年も繰り返していると、本当に単語の意味がわかるようになってきますし、発音も良くなってきます。何より、調べることが苦痛ではなくなるので、会話をしていてわからない単語はすぐに調べる、という癖が付きました。英英辞典で調べてますから、英語アレルギーもいつの間にやら解消してました。

 

ここで私が言いたいのは、結局やってることって、英語の勉強だ、ということです。

海外で最初の半年間私がやっていたことは、ひたすら単語とフレーズを覚えることだった、ということです。

 

もちろん、海外に行ったからその重要性に気づいたということはありますが、それなら日本で単語とフレーズを覚えてから海外に行ったほうが、よっぽど効率が良かったと思います。

 

ある程度単語とフレーズを覚えていれば、私は初心者クラスに行くこともなく、もっと上のクラスで会話を楽しめたはずです。

 

事実、半年経つころには、お店で注文するのも困らないし、店員さんと軽く会話するくらいは出来るようになっていました。

 

このレベルになって、初めて海外に行くべきだと思います。

 

このレベルになれば、相手と自分の会話の言い回しの違いなどから、どちらが正しい使い方か?というような検証が出来るようになるからです。

 

つまり、英語を覚えるために海外にホームステイをしたいと思っているなら、まずは日本で勉強してから行ったほうが実りのあるものになる、ということです。

 

 

 

英語の勉強が続く秘密

 

 

 

 

おうちホームステイはインプットとアウトプットが出来る

結局海外にいくよりおうちホームステイがいいってこと?

海外ホームステイより、おうちホームステイがいいってことよ。

さて、長々と話しましたが、じゃあ「おうちホームステイ」ってどうなの?と思っていると思います。最初から言ってる通り、良い教材です。

 

ここまで私が話してきたように、英語に必要なのは、まずインプットです。

そして、「フィードバックのあるアウトプット」です。独りでずっとつぶやいていたとしても、何が正しいかわからないため上達はしません。

だから、マルバツのあるフィードバックが必要です。

 

おうちホームステイは、以下のようなレッスン内容になっています。

 

  • レッスンの解説動画をみる 約10分
  • 流れてくる音声に合わせて英語を声に出す 15分
  • AIスピーカーに英語で話しかける 5分

 

最初の解説動画がインプット、次の音声に合わせて声に出す、というのがインプット+アウトプット、最後のAIスピーカーに英語で話しかける、というのがフィードバックのあるアウトプットです。

 

AIスピーカーを使うことで、話した英語が正しいかどうか、フィードバックをもらえるわけです。

 

つまりこれって私が海外でやってたこととまるっきり同じで、単語をインプットしてその単語やフレーズを読んで、わからないところは講師に聞くことでフィードバックをもらう、というのを、もっと効率よくやってるということなのです。

 

ハッキリ言って、これだけのことをやれるのであれば海外に行く必要は全く無くて、おうちホームステイを一通りやってから海外に行くほうが、とても有意義だと思います。

 

おうちホームステイじゃなくてもいいですよ。

他に自分なりに考えたやり方があるならそれでも構わないです。私が言いたいのは、ある程度英語を覚えてからじゃないと海外に語学留学する意味はないということです。

 

おうちホームステイがおすすめの理由をまとめました

おうちホームステイってどうなの?と聞かれることが最近本当に多いので、ここにまとめましたw

 

ここにまとまっていることが、私の本当に言いたいことです。

自分なりに教材まとめてもいいですが、そんな効率の悪いことやるくらいなら、もともと出来上がっている教材を最初からやればいいと思います。

 

海外に行くよりずっっと安いですし、無料で英語動画見られますし、直接講師に質問出来るんですよ。

だから、とりあえずやってみたらいい、と何度も言ってるのになにゆえやらないのかと思うわけですが、ここまで読んでもまだやらないという人は、多分もう何もやらないと思うので、聞いてくるのはやめてくださいw

英語が話せるようになるメールに登録

おうちホームステイがおすすめ君